ルアーフィッシングDVD/北海道
北海道DVD/つり人社
商品参考画像
商品名
在庫は実店舗同時販売中につき目安です
本体価格
ショッピングカート
アメマスの大地・北海道道東
出演:佐々木 大、DVD80分
貴重なネイティブをシングルフック・ルアーで釣る。北海道はもとより、全国的に注目度が高まっているネイティブトラウト・アメマス。その魚影が道内で最も多い根釧原野を流れる川を舞台に、釧路市のショップ「ランカーズクシロ」スタッフの佐々木大さんがルアーで実釣。フィールドのシチュエーションは潮の影響を大きく受ける下流域、早瀬が連続する上流域、原始の姿を残す湿原とその表情はさまざま。四季で変わる魚のコンディションとポイント、アプローチ、ねらい方、タックルを詳しくレクチャー。場所によっては群れがひしめく川で、スレ掛かりを軽減して確実に食わせる……そんなアメマスねらいではシングルフックで挑むのが流儀。20分の特典映像では、オリジナルシングルの作り方、そしてPE+ナイロンのラインシステムまで紹介。
\3.400
北海道ショアの海サクラ&海アメ
海サクラは春の島牧、海アメは夏の道東。北海道屈指の2大メジャーフィールドが舞台。どちらもやや波が高く、濁りが気になるハードな状況下、グッドサイズがロッドを絞り込んだ!全道で大ブームを巻き起こし、近年は道外からの注目度も急上昇しているショアからねらう海アメ&海サクラの釣り。一見、変化の少ない砂浜がメインフィールドになるが、潮の流れ、波の立ち方、濁りやゴミの有無などにより、釣れる場所とそうでない場所は確かに存在します。ポイントの読み方、より遠くにルアーを運べるキャスティング、ルアーのタイプ別によるアクションの加え方、バラシを軽減するファイトの仕方、タックルの選び方などを詳しい解説を収録。釣り人はソルトシーンで数々のニューメソッドを生み出している二橋翔大さん。豊富なヒットシーンを交えながら、これまでお客さんにしか教えなかったタクティクスを公開していただきました。DVD60分
北海道DVD/パートナーズDVD メーカーHPはこちら
【No85】BAKOBAKO釣行隊2014
出演:バコバコ西村・奥田功・佐々木虹児・原富輝夫
毎年楽しい釣りを体験できる北海道釣行・バコバコ釣行隊。2014年のスタートも道東アメマスの有望河川に集合した。しかし2013年から魚影が10分の1以上に激減!かつての大群遡上は見る影もなくカスカスの状態。加えて河川も淵が埋まり川という器自体が崩壊に向かっている様子。そこで釣行隊は別の河川、違うターゲットに照準を合わせた。秋田&仙台チーム合同でのイトウ&アメマス狙い、秋田チームだけによるイトウ狙い。残留した仙台チームは屈斜路湖・ヒメマス、阿寒川ニジマスなどに別行動。北海道の自然、大型魚を追いかけた2014年秋の軌跡をご覧ください。
\2.700
【No67】BAKOBAKO釣行隊2012 北海道・道東河川
出演:バコバコ西村・チャップ横田・原富輝夫・奥田功 
今年のテーマは2011年に釣行した際出会った片岡さんの釣り方に衝撃を受け、「片岡釣法」を試みること、そして従来の隊長・バコバコ西村の ドアップ早巻きでの針の掛かり方も完全に口の中に入っていることが多いので、ミノーを喰いに来ている確率も高いのでは?という疑問も残り「従来釣法での針の掛かり方の検証」、さらに喰いに来ているとすれば針はシングルフック でもいいのでは?という更なる疑問が湧いてくる。そこで「ミノーのシングルとトリプルの掛かり方の違い」も検証したい。「スプーンで釣る」という大命題は その次の段階で挑みたい。そういう様々な課題を抱え2012年9月30日、北海道の大地にフェリーから降り立った。そしていつもの道東の河川にたどり着く。・・・しかし河川は大渇水、それに加え昨年までの淵や深みが、かなり土砂で埋まっている。 魚が付くポイントが無い!!そして更なる試練。北海道も酷暑&雨無しで遡上魚の遡上時期が遅れているという。まさに三重苦。テーマ検証、実践&落胆、状況把握&分析、そして作戦変更・・・大苦戦のBAKOBAKO釣行隊2012年。起死回生の西村隊長の大物ゲットをご覧頂きたい。
\2.700
【No58】リベンジ・ザ・アメマス「目から鱗・81mの理由」北海道
出演:平本仁、佐藤忠雄、佐々木史朗、片岡鉄也
2010年道東の河川で体験したアメマス大爆釣!!74cmを最大としてアングラー西村1人だけで150本以上口掛かりでゲットし北海道の自然の豊かさを再認識した。だが実は、スプーンでのヒットが1本もなかったのだ。ミノーでやれば釣れるのだが、スプーンを使っても1本も口掛かりしないのだ。・・・なぜなんだろう?ミノーなどと比べての動きの違いなのか?シルエットなのか?カラーなのか?レンジ・アングル・スピードが再現できていないからなのか?謎は深まるばかり。スプーンマスターを吹聴する佐藤忠雄にしてみれば全く解せない現象。そこで2011年は「秋のアメマスをスプーンで攻略」を目指して佐藤忠雄が挑む。果たして見事攻略できるのか、それとも惨敗してしまうのか・・・。そして北海道を離れる前日、目から鱗の衝撃のドラマが待っていた・・・。
\2.700
【No52】AMEMASU BAKO BAKO釣行/北海道・道東の河川
●出演:西村倫明・原富輝夫●映像時間:約60分
 2010年10月3日午後、我々は道東のとある河川に到着した。狙いは80cmクラスのアメマスをゲットすること。この釣りが3回目となる仙台・西村倫明は彼のセオリー通り川に立ち込みキャスト&リーリングを開始した。 ・・・ん?こんなんで釣れるのか?と思ったが、結果はすぐに出た。60cmクラスが飛沫を上げファイト&ランディング。秋田・原富輝夫も西村を真似て挑むがイマイチ順調に事が進まない。実は原、「所詮イワナの大きいサイズ」と高をくくっていたらしい。そのせいで2日と半日、『釣れない迷宮』に迷い込む。一方、西村は朝からバコバコ、連日バコバコ、フィッシュ&フィッシュ!!原が釣れるまでの過程、80アメマスを追い続けた日々をお伝えする。
\2.700
【No50】釧路川カヌーフィッシング-北海道・釧路川
●出演:チャップ横田・春日和年●映像時間:約60分
2010年4月初旬、チャップ横田と同行し道東に旅立った。目的は釧路湿原を流れる釧路川をカヌーを使って2日間釣り下ること。内心は、あわよくばイトウの大物狙い。しかしフェリーを降り道東を目指すものの、各河川は雪代水と降雨が混じって真茶色。せっかく来たのだからと小河川でウェーディングで竿を出すが30〜40cmのアメマスのみ。イトウの影さえ感じられない。残すところあと2日間。カヌー初日は強風と寒波・降雪で大苦戦、そして釣り最終日。やっと好天に恵まれアチコチで大型魚のボイルが見え始めた・・・。 
\2.700
【No13】道東の幻を求めて
“幻”を求め北海道に遠征したのがチャップ横田と藤原洋。積雪量の多さを鑑み6月初旬に現地入りした2名は、めぼしい河川を順にチェック。そしてとある河川に。そこでチャップ横田が大爆釣!!!見事な魚体を連続4本キャッチ。何が違ってチャップのみが釣ってしまうのか?チャップ横田の天才ぶりをご覧いただきたい。
\2.700
在庫数:目安の当店在庫を表記しています。
戻る